見た目の印象を大きく変えることができる部位

顔を理想通りする

エステシャン

仕組みやその種類を確認しておこう

鼻を美容整形する場合には、それなりの時間とお金が必要になります。費用に関する仕組みですが、どのような美容整形をするかによって内容が随分と異なってくるでしょう。例えば、鼻が小さい場合には、鼻を大きくしたいと考えるはずです。この場合には、高くする場合と異なりヒアルロン酸を入れることにより大きくすることは可能です。ヒアルロン酸は基本的に注射を使いますのでそれほど手間やお金はかかりません。費用などを見ても\80000ぐらいになることが多いです。しかも、わずか5分から10分程度で手術が終わるため、気軽に利用することが可能です。これに対して、高くする場合にはヒアルロン酸だけではどうする事も出来ません。ではどのようにしたらよいかといえば、プロテーゼを入れるのが一般的になります。プロテーゼの仕組みを見ていくと、これはシリコンでできているものになるためヒアルロン酸とは異なり注入することは難しいです。鼻を切開してそこにシリコンを入れていく仕組みになっています。高さに関しては、1ミリぐらいから調整することが可能になります。わずか1ミリでも、高さが違えばその人の人相が変わってしまうといえるでしょう。高くするならば、あまり高くし過ぎても仕方がありませんので、ほどほどのところでやめておくべきです。

鼻を美容整形する場合には、ヒアルロン酸を入れる場合に比べてプロテーゼを入れた場合の方が3倍から4倍ぐらい費用と時間がかかることが多いです。プロテーゼはその人の鼻の形に合わせてき請求してきますので、その日のうちに手術を終わらせることはできません。1度目に型をとって、おおむね問題ないと考えるならばその型を形成し次回までにその型を作ることになります。1週間ほどかかるため、最低2回は美容整形外科に通わなければいけません。このように、鼻の整形の種類によっても費用や時間が大きく異なりますが、持続期間ものと異なるものです。ヒアルロン酸は、皮膚の中に吸収されていくものになるため、途中で効果が切れてしまうことがあるでしょう。多くの場合、半年程度で切れないことが多いですが、1年も経過すると切れてしまう可能性があるわけです。ただ、どのような種類のヒアルロン酸を使ったかにより持続期間は異なります。ゆっくりと効果を出すタイプのものならば、それだけ持続期間は長くなるでしょう。これに対し、即効性があるものは持続期間が短くなると考えておけばよいです。一方で、プロテーゼの場合には当然ながら持続期間は半永久的です。その代わり、自分の希望していない形になるとやり直しをしなければならない手間はあります。

Copyright© 2019 見た目の印象を大きく変えることができる部位 All Rights Reserved.